お江戸のベストセラー

花東はなのおえど頼朝公御入よりともこうおんいり

5

花東頼朝公御入 05

不思議ふしぎかくれ

岩永俣野はつら/\
おもふにさなだがいては
なに事もふづくり
にくいと
思ひ
より
とも


あや
なし

つて
御用金を
とり

やる
ために
さなだを
かま
くらへ
かへし
給ふ

これ


だれ
はゞ
かる
もの
なく
両人
にて
いろ/\の
あほうを
すすめ
奉り
おほく
金銀を
かすり
とつて
らつちも
なき
大将に
したて
もふ

「ヲホヽ/\/\/\

「これさ
わらい
なんすな

「これはきみやうだ
とこにこざなさるか
しれませんこゝらか
しらん/\

「ナント
きみやうか
みへまい/\
このあとは
はとに
まめを
ひろわせる
ぞよ

「よりとも公
やうじ
がくれの
でんを
ならひ
給ひ
これを
ざしき
けいに
し給へば
まんざら
かくれもせぬにみな/\これは
ふしぎ/\とかんしんすれば
いよ/\きやうに入給ふ
これを
よりともの
ふしぎ
かくれと
いふ

材木座書房

ぴーちょ

楽しい鎌倉