お江戸のベストセラー

花東はなのおえど頼朝公御入よりともこうおんいり

4

花東頼朝公御入 04

富士ふじ巻紙まきがみ(富士の巻狩り)

江戸見物は吉原からというのがよくあるが、頼朝一行はちょっとひねって深川へ行き、料理茶屋の梅本で大女郎買いを始めた。
ちょうど月見のときで、岩永の悪ふざけで巻紙を積んで富士山を作らせ、たいこ持ちに紋づくしの揃いを着せて──これで『頼朝公、富士の巻紙』とこじつける。

頼朝「こいつは、おもしろい! 岩永、一生のできだ。」

真田「おれにも、ちっと見せな。役者付だと、おれは端っこのところだ。」

たいこ持ち
「こうしたところは、野郎のトンビ凧だ。ぶん、ぶん、ぶん。」
「やじろべえもありやす。」
「もし、いつまでこうしているのだね。」
「深川はじまって、こんなしんどい座敷をつとめた事がねえ。」

芸者「おやおや、けしからねえなりだの。」

注釈

料理茶屋
深川は岡場所(私娼街)なので、遊女屋ではなく料理茶屋に芸者をあげて遊んだ。
月見のとき
深川の富岡八幡宮の例祭。8月15日をピークに開催されるので、旧暦では月見も兼ねる。
巻紙
遊女にとって上客をつなぐために手紙はかかせないものだったので、遊里には巻紙がたくさんあった。
富士の巻紙
元ネタは「富士の巻狩り」。
征夷大将軍となった頼朝が富士の裾野で行なった軍事演習もかねた大がかりな狩り。
役者付
顔見世番付。歌舞伎の一年間の出演者をランク付けした番付表。
けしからねえ
「たいへんな、すごい」の江戸弁。

材木座書房

ぴーちょ

楽しい鎌倉